FXとは?知っておきたいFXの基礎

FXとは?知っておきたいFXの基礎

FXとは外国為替証拠金取引(Foreign Exchange)の略称です。

実際、何をすることかというと、主に証拠金をFX取引会社に預託し、差金決済による通貨の売買を行なう取引をいいます。

要は、お金を証拠金としてFX取引会社に預けて、そのお金を使って取引をすることで利益を得ようとすることですね。

FX取引所と銀行の違い

「お金を預ける」ということだけ引き出して見てみると、FX取引所は銀行と同じように見えます。

しかし、預かったお金の投資、運用の観点で、FX取引会社は銀行とは根本的に違うものです。

一般的に、銀行は、預金者のお金を企業や個人に貸すことにより利益を得て、一部を利息で預金者に還元するという仕組みです。

対して、FX取引会社は投資家から証拠金と呼ばれる担保を預かり、注文を行う度に発生する手数料によって収益を上げています。

多くの場合、売値と買値の差額であるスプレッドが取引所の手数料となっています。

FXの仕組み

投資家の注文は、取引会社を通じてインターバンク市場(銀行間取引市場)という市場に出されます。

これは銀行同士で取引を行う市場のことで、土日、祝日を除いて、毎日24時間取引されているのが特徴です。

為替市場は、インターバンクや銀行、証券会社などが取引する世界最大の市場で、国内の金融機関に限らず、海外の金融機関を相手に外貨の投資も行います。

常にどこかの国の金融機関が参加しているため、「眠らない市場」と言われています。

為替市場は、一般的なモノやサービスの値段と同様に、ある通貨を売りたい「売り手」と、買いたい「買い手」の需要と供給のバランスによって動き、その通貨の価格を決定します。ちなみにこの価格を為替レートといいます。朝のニュースなんかでよく聞く言葉ですね。当然のことですが、需要が増えれば価格は上昇し、減れば価格は下落します。

FXと外貨預金の違い

外貨預金とはレバレッジをゼロにしたFXのようなものです。

通常、外貨預金などは、「買い」注文からはじめ「売り」注文によって利益(損失)が確定しますが、FX取引では「買い」と「売り」の両方から取引を始めることが可能です。

例えば、外貨預金などの「買い」しかできない取引では、将来的に売ドルが値上がりする(円安ドル高になる)ことが前提となり、円高ドル安に動いている場面では、取引ができません。

しかし、FXでは、「売り」からの取引が可能なため、値下がりが予想できる場面でも取引に参加できるというメリットがあります。
値上がりしようが、値下がりしようが利益を得られるチャンスがあるということですね。

また、FXは外貨預金に比べて、手数料が格安です。FXの手数料は、通貨ペアで:異なりますが、円ドルの場合、1ドルあたり0.2~2銭と、外貨預金と比べると1/10~1/100以下ととかなりお得です。またFXは元本保証があり、外貨預金と違って万が一利用中のFX会社が倒産しても、預託金は信託保全で保持されており、100%戻ってくるので外貨預金よりも安全と言えます。

円高と円安

円高や円安は他の通貨に対して円の価値がどう変わったのかを示します。

1ドル=100円が90円に変わったら円高 (ドルに対して円の価値が高くなった)

110円に変わったら、円安(ドルに対して、円の価値が低くなった)とされます。

FXでは、1ドル90円の時に買い、1ドル110円の時に売ることでその差額を利益としているわけです。