海外FXは違法なのか?日本人トレーダーが知っておきたい注意点

海外FXは違法なのか?日本人トレーダーが知っておきたい注意点

例えばXMのWebページには、

XMTradingはJFSA(日本金融庁)の監視化にないため、金融商品提供や金融サービスへの勧誘と考えられる業務には携わっておらず、本ウェブサイトは日本居住者を対象としたものではありません。

引用元:XMTradingホームページ

とあります。

これを読んでFX初心者が心配するのが、海外FX業者は違法なのかどうかでしょう。

結論から言って、海外FX業者を利用することに違法性はありません

海外FX業者の日本人への勧誘行為は違法

それならば、なぜ上記のような注意書きがあるのか?
それは、海外FX業者が日本人トレーダー向けに「日本国内で勧誘行為をする事」が法律で禁止されているからです。

以下は金融庁のHPから引用したものです。

登録を受けない外国証券業者であっても、その取引相手が証券会社やその他金融機関等の場合、もしくは証券業者が「勧誘」及び「勧誘に類する行為」をすることなく国内居住者から注文を受ける場合は、国内居住者との取引をすることができます。

引用元:外国金融サービス業者が我が国市場に参入するにあたって適用される法規制(金融庁)

ここに書かれている通り、日本国内で登録を受けていなくとも、海外FX業者が日本人向けに勧誘をしていなければ、日本人はそのFX業者を利用することが許されています。

ここでいう勧誘行為とは「国内に居住している人向けに日本語表記で広告を出す」行為のことです。例えば、XM自身が日本国内でTVコマーシャルを出すことは法律違反になります。
しかし、これはあくまでXM自身に課せられることであって、個人がブログでXMを紹介することは法律違反にはなりません
言わずもがな、個人がXMを利用することも同様に法律違反にはなりません

これはあくまでXMが日本の法律で広告、勧誘行為を禁止されているからであって、日本人がXMを使うことを違法としているわけではありません。
ただ、先ほども言ったように、海外FX業者は日本国内での勧誘行為が禁止されています。
海外FX業者のHPは国内移住者向けのものでなく、日本人で海外に移住している人向けのページとして作られています。
表向きに「このページは日本在住の日本人向けです。」と言うことは勧誘行為とみなされる恐れがあるので、「あくまで海外在住の日本人向けですよ。」と言うことにしているのでしょう。

どちらにせよ、日本人が海外FX業者を利用することにはなんら違法性はありません。

脱税は違法行為

非居住者などの一定の例外を除いて、日本の居住者は全世界の所得に対して所得税などが課税されることになっています。そのため海外FX業者を用いて得た利益も課税対象になり、必要に応じて確定申告を行い納税する必要があります。

もし脱税が発覚すると、加算税も徴収され、結果的に利益の七割を超える課税がされるだけでなく、額が大きければ逮捕となってしまいます。

詳しい加算税については財務省のホームページを参照してください。

海外FXトレーダーの脱税は悪質性が高いと判断されることも多く、国内FXトレーダーよりも締め付けが厳しいのが現状です。
税金は必ず支払うようにしましょう。

詳しくは以下の記事をご覧ください。

FXの税金と確定申告

海外FX業者の選び方

海外FX業者の利用は違法ではありませんが、それは決してすべての海外業者が安全であるという事にはなりません。海外FX業者を選ぶ際には、日本の金融商品取引法に基づく登録を受けていない業者でも、少なくともどこかの国の金融ライセンスを持っていることが重要です。というのも、世界各国の金融監督庁も、厳しい・甘いという差はあれど、基本的には同じような監査を行っているからです。一応、監査基準が厳しい金融ライセンスを保有している海外FX業者の方が安全性は高いといえるでしょう。